どうして薄毛になるの?

どうして薄毛になるの?

薄毛になるのはどうしてなのか?
これはかなり気になる問題ですね。

 

何もしない状態でも50歳になってもふさふさな人がいると同時に、20代でもかなり薄毛が進んでいる場合もあります。
または、若い頃から努力をしていても、50代にはかなり薄毛という人もいるでしょう。

 

最近では、薄毛の遺伝子は母親からの遺伝子によるものが多いことが分かっています。
要するに、父親が薄毛であるかどうかより、母親の父(母方のおじいさん)が薄毛であれば可能性が高くなるということです。
しかし、おじいさんですからだいたいは髪が薄いでしょうから、数十年前の写真でもあれば確認してみるのもよさそうです。

 

とはいえ、これは遺伝上の問題であって、それ以外にも薄毛になる理由ってたくさんあります。
食生活や日常生活、仕事上のこと、ストレス、頭皮や髪の洗い方などなど・・・。
さまざまな理由が絡み合って、薄毛ということになるのだと思います。
遺伝上のことは自分ではどうにもできませんが、それ以外の理由は自分でどうにかすることは可能です。
健康な頭皮を作って髪を育てるために、しっかりとその日の汚れを洗い流して、髪によい成分を使ったシャンプーの使用をおすすめします。